ワードで挨拶文を作成する

Wordの結語や時候の挨拶、定型文を使ってみる
案内の文書を作成するときには、結語時候の挨拶が必要とされる場合があります。
Word(ワード)ではこれらを含めた挨拶文があらかじめ登録されており、簡単な操作で入力することができます。



入力オートフォーマット

Word(ワード)で文字列を入力しているときに、自動的に定型文を作成したり、書式を設定する機能のことをいいます。

例えば「拝啓」という頭語を入力します。
Wordの入力オートフォーマット機能で頭語を入力すると
[Enter]キーを押して改行します。
「拝啓」に対応する「敬具」という結語が、右揃えの設定で自動的に入力されます。
頭語に対応する結語が自動で入力される

挨拶文の挿入

Wordには挨拶の例文が用意されており、例文を選択するだけで簡単に挨拶文を入力することができます。

1ツールバーの[挿入]タブをクリック
2リボンの[テキスト]をクリック
3メニューが展開されたら[挨拶文]を選択
4[あいさつ文の挿入]を選択
Wordの「あいさつ文」ダイアログを表示する手順

[季節のあいさつ]で必要に応じて「月」と例文を選択します。
[安否のあいさつ]と[感謝のあいさつ]で例文を選択。
[OK]をクリックします。
Wordの「あいさつ文」ダイアログ

[あいさつ文]ダイアログボックスで指定した例文が入力されます。
Wordの「あいさつ文」ダイアログから挨拶文を作成

「ワードで挨拶文を作成する」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る